未経験でも募集をしている所が多く、転職市場で大人気となっている事務職。
そんな事務職がデスクワークであることは知っていても、具体的にはどんな仕事かよくわからない人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、事務職の仕事内容について解説をします。
事務職に転職をしようか迷っているという人は、ぜひ参考にしてください。

書類作成

事務職の代表的な業務である、書類作成。
もちろん、作成はパソコンで行います。
ワードやエクセルといったソフトを使用する場合も多く、これらを普段から使用している人は即戦力になれるでしょう。

資格を必須としている所はあまりありませんが、ある程度のタッチタイピングができないと、入社をしてからしばらくは苦労をする可能性もあります。
インターネット上には無料でできるタイピングテストがいくらでもありますので、自信がないという人は練習をしておきましょう。

電話対応

電話対応も、事務職の仕事内容に含まれます。この仕事に必要なスキルは言葉遣い。
マニュアル外の要件が来ることもありますが、そんな時にも慌てずに対応できる落ち着きも求められます。
入社をして最初の内は受話器を取る度に緊張をしてしまうかもしれませんが、経験を積むごとにどんどん上手くなっていく自分に気付くはずです。

来客対応

会社によってはお客様が直接訪れることも多く、事務職がその対応を任されることもあります。
言葉遣いやマナーはもちろんのこと、直接会って話すぶん電話よりもさらにコミュニケーション能力が求められます。
会社を代表して接客をしているという、自覚を持つことが大切です。

データ集計

データ集計も事務職の仕事内容の1つです。
簡単な計算なら電卓で済ますこともありますが、ほとんどの場合はパソコンで作業を行うことになります。
スピードも重要ですが、何よりも正確性が求められる仕事です。

勤怠管理

職場によっては、勤怠管理を任されることもあります。
毎日の出勤・退勤の確認のほか、残業を含めた勤務時間や給与の計算を行います。
この業務もやはり、正確性が重要です。

コツコツタイプは向いている!

事務職は同じような作業を繰り返すことが多く、だからこそ正確性が強く求められる仕事です。
細かい仕事をコツコツとこなし、きっちりとしている人に向いている仕事と言えるでしょう。
コミュニケーション能力がある人には、さらに適正があります。
事務求人は多く選択肢も多いので、自分らしく働ける職場を探しましょう。