どんな仕事でも、何年も続けていると何かしらのスキルが向上します。
それはもちろん、事務職においても例外ではありません。
身についたスキルは毎日の業務はもちろん、日常生活でも役に立つこともあります。

また将来転職をすることになった時に、身に付いたスキルが転職先で発揮される場面もあるでしょう。
そこでここでは、事務職で働くことで得ることができるスキルについてご紹介をします。

パソコンスキル

事務職では書類作成など、さまざまな業務にパソコンを用います。
エクセル・ワードといったソフトを使うことも多く、毎日のように操作をすることでそのスキルも上がっていきます。

計算・関数・表の作成・マクロの作成・画像の挿入・印刷・文書の修正…。
こうしたことができるようになると、いずれ転職の機会があった時にも有利に働きます。
パソコンは多くの仕事で使うものなので、一生腐ることのないスキルとなるでしょう。

電話対応

プライベートの電話とビジネスでの電話はまるで異なり、事務職として働くと後者での対応がどんどん上手になります。
今はメールで済ますことも多い時代ですが、コミュニケーションの基本はやはり会話です。

ビジネスの場においてはちょっとした言葉遣いで取引先やお客様の心証を悪くすることもあり、電話応対は簡単にできることではありません。
その術を身に付けておけば、いろいろな場面で役に立つ時が来ます。

ビジネスマナー

幹部を含む社内のさまざまな年代の社員と関わるため、年齢や立場が上の人と接する時のマナーや社会常識が身に付きます。
来客対応や受付を任されることもありますので、そのような場面での接客スキルを学ぶこともできます。

コミュニケーション

事務職と言えばパソコンと向かい合って仕事をしている様子をイメージする人が多いかもしれませんが、実はコミュニケーションを欠かすことはできません。
そのため円滑な人間関係を築くための、コミュニケーションスキルも必要になります。

人付き合いがあまり得意でないという人もいるかもしれませんが、何も一緒にどこかに遊びにいけというわけではありません。
気配りを持ち、人当たりを良くし、マナーに気をつけ、報・連・相といった基本をしっかりと守る。
そうやって培われたスキルは、どんな仕事においても通用することでしょう。

働きながらスキルアップ

こうしたスキルはどれも事務職において必要なもの。
元々あればそれに越したことはありませんが、仕事をすれば自然に身に付いていきます。
現状これらに自信がないという人も、働きながらどんどんスキルアップをしていきましょう。