お金だけが仕事ではないとはいえ、やはり給料は大切です。
充実した生活を送るためにも、あればあるほど良いというのが多くの人の本音ではないでしょうか。
正直な所、給料に関してはそれほど高い評判があるわけではない事務職。
ここではその金額について、お話をします。

平均年収について

一般事務の平均年収は250万円前後。
ただこれは派遣やアルバイトといった非正規を含めた金額になりますので、正社員の場合はもう少しベースが上がり300万円程度になります。
民間の平均年収が400万円台。
もちろん勤め先にもよりますが、多くの事務職はそれに届かないということになります。

月収について

一般事務の月収は、手取りで15万円~25万円前後です。
年齢を重ねたり、キャリアを積むほど高い傾向にあります。
金額だけで言うのであればアルバイトとそれほどの差はないでしょうが、正社員として働けば保障を得ることができます。

それほどの大金を稼がなくても、コツコツと一定の収入を得続けたいという人に向いている仕事と言えるでしょう。
そしてその安定性は、事務職という仕事を象徴している特徴でもあります。

ボーナスについて

一般事務職のボーナスは、月給の1~4ヶ月分程度。
月給が20万円と過程すれば、それぞれ20万円・40万円・60万円・80万円がボーナスということになります。
職場によって大きく異なりますし、無しというケースもあります。

ボーナスは求人に「賞与」という形で書かれており、入社をするまでその有無がわからないということはまずありません。
ボーナスが欲しい人は、必ずチェックをしておきましょう。

初任給について

一般事務の初任給は、15万円~20万円程度です。
金額は会社の他、学歴など経歴によって変わることもあります。
現在どこかの正社員として働いているという人は給料が下がることになる可能性が高いので、転職をする場合はそうした所も計算に入れておきましょう。

金額よりも安定を重視

このように一般事務は、お金という面では正社員の平均よりも少し下となります。
ただ先にも述べたように、事務職には安定があります。
どんなに給料が高くとも仕事を失うリスクは避けられませんが、事務職はそのリスクが低い仕事です。

デスクワークが主となり立ち仕事が少ない点も、体の負担を軽減することに繋がります。
金額よりもそうした所を優先させたい人には、検討する価値が大いにある仕事です。